「ISP Vision Library」は、ISPがこれまでに研究開発したAI(人工知能)、画像処理技術をまとめたライブラリ製品です。
映像や静止画を対象とした「検出」「検知」など様々な機能を持ちます。
ライブラリを組み合わせることで、放送、映像制作をはじめ、セキュリティ、製造など 映像を扱う様々な分野で活用できるAIソリューションを提供します。

放送・映像制作
放送・映像制作向け

・自動タグ・マーカー生成
・スポーツ映像解析
 

詳細
監視・セキュリティ
監視・セキュリティ向け

・侵入検知
・置き去り物検知
・異常検知

詳細
製造・食品
製造・食品向け

・異常検知
・パトライト点灯検知
 

詳細
ロボティクス
ロボティクス向け

・ロボット周辺の物体認識
・ロボットアームによる製品仕分け

詳細
その他の業界
その他の業界向け

・踏切侵入検知
・工事現場の異常検知

詳細

ライブラリ一覧

エンジン説明
物体検出エンジン人物や顔、特定物体などを検出します
部分画像検索エンジン画像群の中から類似する物体を含む画像を検索します。
骨格推定エンジン人物の骨格(特徴点)を推定します。
異常状態検知エンジン正常の状態から外れた状態(異常状態)を検知します。少ない枚数の学習画像でモデルを構築できます。
分類エンジンAIによる画像分類エンジンです。少ない枚数の学習画像でモデルを構築できます。
領域分割エンジンAIによる画像内の領域分割エンジンです。少ない枚数の学習画像でモデルを構築できます。
ロボット・AGV向け画像識別エンジンロボットやAGVを制御するための高度な画像認識を行うエンジンです。

提供形態

自社でシステム開発をしたい

ライブラリ提供

「ISP Vision Library」はWindows DLL形式Linux用ライブラリでご提供します。また、エッジ端末への組み込みを行った上でのご提供も可能です。 ライブラリの種類によっては、お客様の環境に合わせた開発用ライブラリをご提供できますので、 詳しくは下記の窓口よりお問い合わせください。

システム開発を委託したい

開発サービス

「ISP Vision Library」を用いたシステム開発を弊社で請け負うことも可能です。詳しくは下記の窓口よりお問い合わせください。

放送・映像制作向け

自動タグ、マーカー生成

映像、静止画に含まれる物体(商品、商品ロゴ、人物、動物など)やテロップ、音声を解析し、 コンテンツの検索用のタグ情報や、映像編集時のマーカーなどを自動生成します。

使用エンジン

  • 音声解析(Google Speach-to-Text)
  • テロップ解析(Google Vision API)
  • 部分画像検索エンジン
  • 物体検出エンジン
Generic placeholder image



スポーツ映像解析

映像中の人物の姿勢情報(骨格)を解析し、その位置座標の変化から動作の解析を行います。例えば、走者のステップカウントや フォームの解析などが可能です。

使用エンジン

  • 姿勢推定エンジン
  • 周期性解析エンジン
Generic placeholder image


監視・セキュリティ向け

置き去り物検知

駅や商業施設などでの置き去り物を検知します。エリアを指定して置き去り物の無い状態を学習しておくと、一定時間以上放置されたものを検出することができます。誤検出があった場合も簡単な追加学習で対応することができます。

使用エンジン

  • 異常状態検知エンジン
Generic placeholder image



侵入者などの異常検知

セキュリティカメラで撮影した正常な状態を予め学習しておくだけで、侵入者など異常な状態を検出できるようになります。学習は短時間の動画で可能なため、セキュリティカメラを設置してからでも可能。誤検出があった場合も簡単な追加学習で対応することができます。

使用エンジン

  • 異常状態検知エンジン
Generic placeholder image


製造・食品向け

AGV進路の落下物などの異常検知

AGV進路にある落下物を検知したり、在庫品の荷崩れを検知したりすることが可能です。工場内の異常に対して迅速に反応し、安全管理に役立てることができます。

使用エンジン

  • 異常状態検知エンジン
Generic placeholder image



パトライト点灯検知

工場内に多数あるパトライトの点灯をカメラから自動で検知することができます。パトライトの確認に人がその場に駆けつける必要はありません。

使用エンジン

  • 異常状態検知エンジン
Generic placeholder image


ロボティクス向け

ロボット周辺の物体認識

ロボットやAGVが動作するために必要な物体認識を行うことができます。

  • 自律走行をするための周辺物体認識
  • ロボットが制御の対象とする物体の検出や識別(例:侵入者、作業者、交通弱者、食品の種類、農作物、落下物…など)

使用エンジン

  • 物体検出エンジン
  • ロボット・AGV向け画像識別エンジン
Generic placeholder image



ロボットアームによる製品仕分け

コンベア上に流れている製品の「種類」「向き」を検知して適切なアームと角度で対象を掴み、仕分け先に移動するための認識処理を行うことができます。

使用エンジン

  • ロボット・AGV向け画像識別エンジン
Generic placeholder image


その他業界向け

踏切侵入検知

踏切の遮断器が閉まった後に、踏切内に侵入者がいないかどうかをカメラ画像から検知することが可能です。同様の技術を用いて、ホーム上の安全管理などにも応用することが可能です。

使用エンジン

  • 異常状態検知エンジン
Generic placeholder image



工事現場での異常検知

工事現場に設置された監視カメラ映像を使用して、各種異常の検知が可能になります。進入禁止エリアへの侵入検知、設備や足場などの異常点検など、普段と異なる正常でない状態をカメラ画像から自動で検知します。

使用エンジン

  • 異常状態検知エンジン
Generic placeholder image


システム開発

カメラ画像をPCで取り込み、解析・処理するシステムの開発実績が数多くございます。画像・映像を使って自動化したい内容をお伝えいただければ、システム全体の提案から開発、現地導入、導入後のサポートまで一貫して対応致します。

お問い合わせ

製品の購入に関するお問い合わせや御見積依頼については、メールにて受け付けております。

営業時間:10:00~17:00(ただし、土曜日、日曜日、祝日、当社指定休業日は除く)



※記載されている会社名、製品名および名称は各社の登録商標または商標です。